忍者ブログ
LifeForce店長による、飼育に関するアドバイスや、店長自慢の飼育個体の飼育報告など情報満載です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近脱皮不全多いです。

本日も、ボールパイソンが一匹ほぼ全身張り付いていました。

湿度の低下など脱皮中の霧吹き注意です。

さて、先ずは温浴そしていよいよスタート

えっ よく見ると頭だけ顎からしっぽまで・・・・

頑張れ自分

最後に一言この子は♂?♀?ですか。

さぁーポッピング開始

オスですよ。名前がオスのつもりでつけていたので・・・・・

終了と同時にお決まりの糞の制裁を受けました。

皆様も注意ください。

拍手[1回]

PR
生体の立ち上げが始まりました!

今回はオニタマオヤモリ

状態
背骨は完璧浮き上がっていて
目はかなり窪んでいます!
お客様
エサを食べておらず水も飲んでなく
購入してから元気な姿を見ていないらしいです!

今回は、かなり厳しいと思いますが
最善を尽くします!

取り合えずセットします!

拍手[0回]

最近ボールパイソン・フトアゴ等数多く立ち上げの相談が来ていて今回は、ヒョウモントカゲモドキ去年販売した個体でした。
お店に連れてきている個体を見てみるとBIG個体に成長していました。
そして本題の生体を観てみるとお腹が破裂しそうになっていて糞を暫くしてないらしく
困っていたらしくお預かりすることに成りました。
地道に整腸剤等で状態をよくしてあげ無事に連れて帰って貰えるように頑張ろうと思います!

拍手[0回]

今ケアをしている個体が居ます。
ジーベンのハイポ個体です。
本来綺麗な個体でしたがご覧の通り
かなり甲羅がやばくなっています。
現在薬浴を繰り返してやっと綺麗な部分が
でてきました。
頑張って綺麗に状態のいい個体にいたしますので
アドバイスなどあれば教えて下さい。

拍手[0回]

今回は、ダニの駆除の方法の一部を御紹介いたします。
入荷直後の個体WC/CB個体に限らずにお困りのダニの発生

ヘビの場合は、気長に脱皮の繰り返しで簡単にダニが落ちるものでは、
無いでしょう。
恐らく動物病院などに連れて行くなど様々な情報を元に駆除を試みていると思いますが、簡単ではないです。
ここで一部当方の駆除の方法をお伝えいたします。
(参考ですので保障は、ございません。)
1 バポナ
2 フロントライン

1のバポナは、ダニの駆除では、良く使われているもので安価で一番多くの方がお使いになっていると思いますが、バポナは、かなりのリスクのあるダニの駆除方法と思います。使用量を間違えると簡単に生体は、状態を崩したり最悪死亡する場合がありその他に人体にも多大な影響を与える場合もあるとのことです。(近くのケージにも危険があります。)
そのため当方は、あまりお勧めしていません。

2のフロントラインですが、良く犬猫のダニの駆除で使われている代表的なダニ駆除剤です。入手法は、動物病院などで購入できます。当方は、フロントラインのスプレー式を使いダニの駆除を行っています。このフロントラインにも欠点があり使用したことのある方は、お分かりでしょうがかなりアルコールの激臭がありこのままでは生体に強すぎると思い使用する時は、ペーパー等にスプレーして少しアルコールを飛ばしての御使用がいいと思います。使用が終わると少し時間を置きぬるま湯等で洗い流してください。たまに使用中にもダニの死亡が確認できることもありしかも持続性もあり個人的にお勧めです。(御使用は、別のケース等で行ってください。)その他にもケージにスプレーをして殺菌効果もあると思います。
あくまで参考程度にお読み下さい。御使用時には、十分考えて生体のサイズ状態を確認の上御使用ください。

※この方法は、御自身の責任の上でお試し下さい。

この他にもいい方法があればお知らせお教え下さい。


拍手[0回]

プロフィール
HN:
LifeForce店長
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1978/12/24
職業:
ペットショップ
趣味:
ダーツ /バイク
自己紹介:
オンラインショップLifeForce店長の古賀です。
毎日、かわいいペットたちを大切に育て、全国の皆さんに飼育の感動をお伝えしています。
長年の経験をご活用いただけると幸いです。ぜひご覧ください。
最新CM
[01/16 ライフフォース]
[01/16 パッパラパー]
[12/30 店主]
[12/30 さない]
[12/30 店主]
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
最新TB
(10/02)
(09/27)
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]